車買取や下取りに必要な書類を揃えよう

MENU

車の売却時に必要な書類

契約には書類が付き物です。
これを用意することによって、今後これらの書類が証明となり、自分を守ってくれる物となることから、契約書はなくてはならない存在となりました。
車を売却するというからには、売り手つまり自分と、買い手の相手が生じます。

 

この契約を結ぶためにもやはり契約書は必要不可欠です。
また、金銭の取引となりますので、相手もそれだけの金額を支払うに見合うかどうかを判断しなくてはなりません。
そのため、査定時には必要のなかった書類がたくさん必要となります。
今回は、その必要書類は何かお話ししていきたいと思います。

 

査定時から用意しておくとよいものといえば、車検証です。
これには車の情報が詰まっていますので、一番重要書類と言えます。
また車にも常に常備しておかなければならないものですから、紛失している場合は運輸支局で再発行してもらいましょう。

 

次に自動車納税証明書が必要です。
車検を受ける際に必要な書類ですから、買い取り業者へ渡さなければなりません。
また、契約書などに捺印する印鑑は実印ですので、実印も用意しておきましょう。
ない場合は市役所などで実印登録を行ってください。
それにともない、印鑑証明も必要ですので、市役所などで取得しておきましょう。
その他、自賠責保険証、リサイクル券、委任状、譲渡証明書、住民票が必要です。
住民票は車検証に記載されている住所と一致しておかなければなりませんので、住所変更をきちんと行っておきましょう。